茶道具


古、高取 内海茶入れ
江戸初期の高取茶入れです。

貫入青磁水指
15世紀 明「龍泉窯」の哥窯で日本からの注文にて焼かれた青磁の水指です。

鉄瓶 平宝珠瓢 純銀蓋 
千家十職釜師 
九代大西浄寿作の鉄瓶です。

瀬戸茶碗


明治27年に明治天皇よりの御下賜品です。


古伊万里水指
色絵古伊万里 輪華鉢を水指に見立てたものです。


某有名茶人の旧蔵品です。
ご自身が塗り蓋を作らせて使っていたもののようです。

了入黒楽茶碗
楽家九代 了入の隠居後の茶碗です。
裏千家十三世 円能齋 箱書


楽十二代弘入造 白楽火入
千家十職指物師 十一代駒沢利斉造の箱に

千家十職塗師 十代中村宗哲(尼宗哲)が塗っています。

竹一重切り花生け
裏千家十四世 淡々斉自作の一重切り花生けです。

一閑張り香合
鵜匠帽香合に裏千家十四世 淡々斉が箱書きしています。

色絵茶碗
永楽善五郎作 乾山写し雪竹茶碗です。

棗釜
表千家久田家十一代 無適斉の箱書きです。

松花堂昭乗

彫り文様青磁茶碗
龍泉窯の青磁茶碗です。

古備前大海茶入
室町~桃山の大振りな大海茶入れ 枒蓋は後付です。


裏千家十四世 淡々斉筆
富士掛け軸

即中斉
表千家十三世 即中斎宗左
自筆朱紙金泥横物 猩々幅60cm


日本茶道学会 田中仙樵
五字一行書


日本茶道学会 田中仙翁
色紙 和


織部香合
江戸初期